吉羽社会保険労務士事務所 電話番号
対応可能時間 / 平日9:00~18:00

カテゴリー:最新情報の一覧ページです。

令和4年 新入社員研修

新緑がキラキラと輝き、様々なものが伸び行く姿に出会える季節になりましたね。

若葉のようにフレッシュな皆さんに今年も出会い、恒例の新入社員研修(クローズタイプ)を

数社実施いたしました。

毎年、テーマやスタイルを変えてブラッシュアップしています。

今年は、通常の研修に加え「コンプライアンス」「接遇」「伝わる声とは」等

新たな視点で行いました。

弊社では、今関心度の高い「ハラスメントに関する研修」も行っております。

新入社員、管理職向け、一般社員向けとご要望にあった研修を整えておりますので

こんな研修をして欲しいというお声をぜひ聞かせてください。

皆様からのご相談をお待ちしております。

カテゴリー:最新情報

年度の途中で雇用保険料率の変更

毎年のことですが、1月2月の過ぎるスピードは本当に早く、来週からはもう3月です。

そろそろ花粉症の方は辛い日々が始まるでしょうか。

先週までは北京オリンピックに背中を押され元気をもらいました!

来週からは北京パラリンピックも始まりますね。今年は、例年以上に色濃く変化の多い1年と言えるかもしれません。

雇用に関する法律でも変更点があり、年度の途中で雇用保険料率が変更されます。

2022年2月1日、政府は定例閣議において、雇用保険法等の一部を改正する法律案などを閣議決定しました。

現在は労使合わせて賃金の計0.9%を負担する保険料率が、今年の4月から9月は0.95%へ。

具体的には、事業主のみが負担する雇用安定事業と能力開発事業(雇用保険二事業)に係る料率が、

0.3%→0.35%に変更されます。

新型コロナの影響で雇用調整助成金の給付が膨大なものとなり、今回の保険料引き上げになったと考えられます。

さらに年度の途中、今年の10月から来年3月は1.35%に引き上げられる予定です。

現在は労働者負担0.3%、事業主負担0.6%

→労働者負担0.5%、事業主負担0.85%

4月から保険料率は変わりますが、被保険者の従業員さんが負担する分に限り10月からの変更となります。

給与計算に影響があるのは年度の途中からになります。

10月からは給与計算の際に、雇用保険料率を変更する必要がありますので十分ご注意ください。

 

何か不安な点がございましたら、当事務所へお気軽にお問い合わせください。

春めいてきました

事務所の葉っぱも春めいてきました

カテゴリー:最新情報

重要な法改正が順次施行

先日、ブログ→パワハラ対策の義務化をお伝えしましたが、今年は他にも人事・労務に関する重要な法改正が相次いで施行されます。ご一読ください。

5b0011a37728d0093730a0a7c80600dd

eff6837b7973831413fd93f3a74e098b

カテゴリー:最新情報

パワハラ対策の義務化

北京オリンピックが始まりました。

静岡では雪に触れてスポーツをする機会はなかなかありませんが、選手たちの滑りやジャンプを見ていると、

ゲレンデに出かけてみたい気持ちになりますね。

スポーツというと、昔は「スポ根」アニメで厳しいコーチがつきもので、

今の時代では「NO!」なことも度々描かれていたのではないか、と思います。

時代は刻々と変化し、職場でのハラスメント対策は非常に重要になっています。

労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が改正されたことに伴い、今年の4月から中小企業にも

職場におけるパワハラ防止対策が義務化となります。どんなことが義務化されるのでしょうか?

 

「パワハラ防止」に取り組むべき4つの義務とは?

1.事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発をする

2.相談(苦情含む)に応じて、適切に対応するために必要な体制の整備をする

3.職場におけるパワーハラスメントにへの事後の迅速かつ適切な対応をとる

4.上記の措置と合わせて、相談者・行為者等のプライバシーを保護・不利益取り扱いの禁止等必要な措置をとる

厚生労働省リーフレット→パワハラ対策の義務化

ぜひご一読ください。

 

今後は、各企業において準備や対応が必須の課題となるでしょう。

当事務所では、パワーハラスメント発生後の対応に関する相談だけではなく、パワーハラスメント防止に関する社内研修などにも応じさせていただきます。

少しでも不安なことがあれば、遠慮なくご相談ください。

カテゴリー:最新情報

2022年4月道路交通法の改正

もうすぐ立春ですが、厳しい寒さに加え新型コロナの第6波の影響が心配ですね。

外でお酒を飲む機会も以前よりは減っている昨今ですが、飲酒運転による悲惨な事故を防ぐために

この4月1日から改正道路交通法施行規則が順次改正されることになりました。

【改正のポイント】~安全運転管理者によるアルコールチェック~

「車5台以上使っている会社」または「乗車定員が11人以上の自動車を1台使用する会社」では
安全運管理者の届け出が必要になります。
  
 安全運転管理者に義務付けられること→
 ・運転の前後に、運転者に対して目視およびアルコール検知器を使用して酒気帯びの有無を確認。
 ・目視およびアルコール検知器による確認の記録をデジタルデータや日誌等で1年間保存。
 ・正常に機能するアルコール検知器を常備すること。
 
 さらに10月1日からは、
 ・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行う。
 ・アルコール検知器を常時有効に保持。
 
 
こちらをご覧ください→改正道路交通法施行 リーフレット
 
安全運転管理者を選任する事業所では、運転前後における点呼等、
記録の明確化やアルコール検知器の導入に向けて早めの準備をしていきましょう。
 
 

 

カテゴリー:最新情報

脳・心臓疾患の労災認定基準の改正

脳・心臓疾患の労災認定基準が改正され、今後この基準に基づいて、労災補償が行われていきます。

今回の改正は約20年ぶりで、注目すべきは労働時間の負荷要因の考え方などです。

【認定基準改正のポイント】

  1. 長期間の過重業務の評価に当たり、労働時間と労働時間以外の負荷要因を総合評価して労災認定することを明確にする
  2. 長期間の過重業務、短期間の過重業務の労働時間以外の負荷要因を見直しする
  3. 短期間の過重業務、異常な出来事の業務と発症との関連性が強いと判断できる場合を明確にすること
  4. 対象疾病に「重篤な心不全」を追加

詳しくはこちらをご覧ください→

・厚生労働省【 脳・心臓疾患の労災認定基準を改正】

脳・心臓疾患の労災認定基準の改正ポイント

 

今後は、労務管理の「力」がより一層求められます。

労働時間・労働時間以外の労働者の負荷も考慮する労務管理が必要となるでしょう。

当事務所では、心身の健康を守るための様々なサポートも行っています。

気になることがありましたら、お気軽にお問合せください。

 

 

カテゴリー:最新情報

管理職研修完成しました

管理職研修のテーマは「コミュニケーション力」です。

初任される管理職から、ハイエンドの管理職まで受講いただける管理職研修会。

数社のお客様のご協力をいただき、何度もブラッシュアップしたプログラムになりました。

業界特化型・構成年齢考慮型・少人数制(1名から対応可能)等々、若干のカスタマイズの打ち合わせで、研修が可能です。

 

尚、顧問契約いただいているお客様には、基本的に無料で提供しています。

 

研修時間は3時間程度から運営可能です。

Webでの研修も可能です。

 

ご興味ある方は、是非ご相談ください。

カテゴリー:最新情報

コロナ関連も含めた様々な支援策

静岡県でも今月20日から再び緊急事態宣言の適用となりました。

厚生労働省では、コロナ関連の様々な支援策をまとめたリーフレットが公表されています。

こちらは随時更新されており、8/5には以下が更新されました。

  • 雇用調整助成金の年末までのスケジュールと最低賃金引上げを踏まえた取り扱い
  • コロナによる休業支援金・給付金の申請期限
  • 産業雇用安定助成金の助成率・助成額、問い合わせ先

 

尚、対象者は事業主・労働者も含めた全国民対象のリーフレットです。

先の見えない不安な中ですが、各種相談窓口や様々な支援策を確認することができますので、ぜひご一読ください。

厚生労働省リーフレットはこちら⇒「生活を支えるための支援のご案内」

 

カテゴリー:最新情報

育児・介護休業法の改正ポイント

育児や介護をしながら働く労働者が増えています。

今後も仕事・家庭の両立をできるよう支援する為に令和3年6月に「育児・介護休業法」が改正されました。

000789715.pdf (mhlw.go.jp)

改正された5つのポイントとは・・

  • 出産直後の時期に柔軟に育児休業の取得ができるようになる
  • 雇用環境整備、個別の周知・意向確認の措置が事業主の義務になる
  • 育児休業を分割して取得ができるようになる
  • 有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件が緩和
  • 育児休業取得状況の公表が義務になる

 

今回改正された「育児・介護休業法」は、令和4年4月1日から段階的に施行されます。

男性・女性を問わず育児・介護と家庭のことを両立でき、誰もが働きやすい環境づくりに取り組むことは

どの企業にとっても今後も大切な課題です。

カテゴリー:最新情報

メンタルのケア、されていますか?

新型コロナウィルス感染症の影響で回りとコミュニケーションが変わったと思われる方必見です。

「15分でわかる・初めての交流分析」で人間関係の改善に役立つヒントがあります。

https://kokoro.mhlw.go.jp/e_transaction/

 

中間管理職がどのように部下に気にかける方法がベストか「15分で学べる・ラインケア」が掲載されています。

部下や同僚のメンタルヘルス不調に気づくには「本人の通常の行動様式からのズレ」に着目する事が大切です。

例えば、以前と比べて遅刻が多い、顔色が良くない、口数が少ない、身だしなみが乱れてきた、

昼休みに一緒に食事に行かなくなった、仕事の能率低下やミスが目立つなどです。

このような兆候に気が付いたら、一度時間をとってゆっくり話を聞く事が大切です。

https://kokoro.mhlw.go.jp/manager/

 

カテゴリー:最新情報