平成31年、明けましておめでとうございます。

平成31年となりました。

本年も宜しくお願いいたします。

新年の抱負や目標はお考えになりましたでしょうか。

心、新たに出発していきたいと存じます。

さて、平成31年はどうやら、目まぐるしくなるような予感がしております。

●元号改正

2019年5月1日に皇太子さまが新天皇に即位することに伴い元号が改正されます。新元号は4月1日に公表がされると、正式に表明がなされました。システムの新元号対応がとうなっているのか、新元号による不具合の可能性はないか、ご確認下さい。

●有給休暇義務化

働き方改革関連法の一環として、2019年4月から10日以上の有給休暇を持つ労働者に対して5日以上の有給休暇取得が義務化されました。正社員やパート、アルバイトのくくりは関係なく、10日以上付与されていれば適用されます。
有休取得状況や管理が円滑にできるているか今一度、見直しをしてみてはいかがでしょうか。計画的付与制度については就業規則の変更等が必要になることも想定されます。

●消費税10%・軽減税率制度

2019年10月1日から消費税率が10%に引き上げられます。全てが10%となるわけでなく、「酒類・外食を除く飲食料品」「週2回以上発行で定期購読されている新聞」は消費税率が8%に据え置かれる等の「軽減税率制度」が導入されます。食事形態によって(外食とイートイン、ケータリングと出前)税率が違っていたり複雑になっているため、事前に確認や従業員への研修なども必要になってくる事でしょう。

上記3項目は、実際に関わってくる身近な事柄です。

この他にも、法改正や変更事項などは日常として起こります。事前の情報収集や準備を始めて

、迅速で冷静な対応を心掛けたいものです。

カテゴリー:最新情報
↓