外国人技能実習制度について

 

 

 

今やグローバル化は当たり前ですね。外国籍の方がご活躍していらっしゃる事も多く見受けられます。

さて、今回は「外国人技能実習制度」についてです。

国内で働く外国籍の方は多い順に
・身分に基づく在留資格者(永住者や日本人の配偶者など)
・留学生などによる資格外活動
・技能実習制度による就労者
となっています。

技能実習制度は、開発途上国等の外国人が一定期間、日本で就業しながら技能実習を習得する制度です。(我が国の技能や技術又は知識を、発展途上地域等への移転を図る国際貢献の一つです。)
現状については、H29年の統計がこちら→https://www.mhlw.go.jp/content/000335597.pdf

近年では、技能実習生が増加傾向にあります。実習生活躍の良い話題だけでなく、過酷な実態などもニュースで取り上げられる事も多くなっています。適切な技能実習や実習生の保護について、政府では審議が繰り返されています。

平成28年11月28日に公布された、技能実習法成立についてのパンフレットについては下記をご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11800000-Shokugyounouryokukaihatsukyoku/0000167113_5.pdf
※平成29年11月1日施行

 

 

 

カテゴリー:最新情報
↓